フェリックスホフマン展

b0168984_21132564.jpg

フェリックスホフマン展へ行ってきました。
スイス生まれの絵本作家さんで、
もともとは美術の先生だったんですが、
子供のために描いた絵本が好評となり、絵本や挿絵、ステンドグラスや、壁画など色んな作品を残されています。

写真はチケットなんですが、とっても可愛らしいです(*^o^*)

展示が物語にそって置かれてるので、
ラプンツェルや、眠り姫などたくさんの童話の世界に浸れました。

オオカミと七匹の子ヤギは、ひさしぶりに読むと、オオカミが何だか哀れに思えてしまいました(⌒-⌒; )

*伊丹市立美術館にて8月28日までやってます。
[PR]
by na10_photo | 2011-07-24 19:27


<< 10000人の写真展 作り手さんへの憧れ。その2 >>